. . . .

めげるな頑張れ!Webサイト開発四苦八苦の記録

現在Webサイトを開発&運用中です?   苦労話でもっ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の一冊「椿姫」

今までに読んだ小説の中で一番感動した本はなんと言っても「椿姫」です。

文庫本で、しかも字の小さめの本でしたが今でも持っています。

読んだのは確か19歳の時だったと思います。

名作「三銃士」のアレクサンドル・デュマの息子、デュマ・フィスの傑作で、言わずと

知れたアルマンマルグリットのお話ですが、何故だか自分がアルマンになりきっ

て読んでいました。

最初の20頁ぐらいは面白くもなんとも無かったのですが、その後引き込まれるよ

うに一字一句噛みしめながら丁寧に最後まで一気に読みました。

読み終えた後の感動の余韻が大きく、読み終えたのは明け方でしたが暫く興奮

て眠れなかったような記憶があります。

そして、その感動の余韻(言い換えると胸の高鳴り)は3日ほど続きました。

その後、この時の感動に勝る本にはいまだ出会っていません

本の中で「マノン・レスコーのように」と言うくだりが出てくるのですが、当時の私は

まだ「マノン・レスコー」を読んでいなかったのでよく意味が分かりませんでしたが、

これから「椿姫」を読もうとする方には、まず「マノン・レスコー」を読むことをお勧め

します。

マノン・レスコー」の作者はアベ・プレヴォーと言う名で、他にもいくつかの作品は

あるらしいのですが、今日まで読まれているのはどーも「マノン・レスコー」だけのよ

うです。

こちらの主人公はグリューマノン・レスコーです。



マルグリットもマノン・レスコーも可憐で奔放な娼婦で、それに惚れてしまったアルマン

とグリューの物語です。

「椿姫」を読んでいたときはマルグリットを想うアルマンのピュアな心情をまるで自分の

心情と錯覚し入り込んでしまいました。

たぶんアルマンのように悲劇ではありませんでしたがどこかに似たような感情を持って

恋愛していたのかも知れません??



マノン・レスコー」も大好きな本で、「椿姫」より先に読んでいたなら私の最高に感動

した本のNO.1になっていたかも知れません。

私は男の立場で読みましたから、女性の立場で読んだときに如何ほどの感動がある

かは想像すらできませんが、もしあなたが男性で、しかも四六時中頭から離れない

好きで好きでたまらない彼女がいるなら
ぜひ読んで下さい。

きっと、忘れる事ができないような大きな感動を味わう事が

できる
と思います。

昔の私がそーでしたから??

大袈裟じゃないですヨ♪

ずいぶん昔の古い物語が今でも愛読されているのがその証拠だと思います、、、、


椿姫 マノン・レスコー 三銃士(上) 三銃士(下)


週刊BlogRanking

スポンサーサイト

テーマ:大好きな本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://viva4649.blog28.fc2.com/tb.php/18-4fcfdbbb

      このサイトに相応しくないと判断したトラックバックは削除
      します。  悪しからず御了承下さい!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。